スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっぷりは駄目

今日は1週間ぶりくらいにSAしました~。計3時間くらいかな。小分けに。

 課題でも何でもどっぷりやり込むのはあんまりよくないですよね。なんか当たり前ですけど。課題A、B、Cが有ったとして、今日はAを30分、Bを30分、Cを30分みたいに小分けにやるのが一番いい。作業効率は悪いんだろうけどね。メリットとしては、、、

・定着しやすい
・あまり苦痛を感じない
・やった感がある

などが有ると思います。やった感っていうのは充実感みたいなものです。

家庭教師で生徒に教えてる時も少し気をつけていることが有ります。例えば、、、

A:一日数学をどっぷりやる
B:数学、理科、英語を少しずつやる

 もちろん定着とか学習効果とかも気にしているわけですけど、何よりやった感。例えば、Aの数学だけをやった場合、やった記憶としては数学をやったっていう記憶だけ残る。で、Bの場合は数学と理科と英語をやったっていう記憶が残るわけですよね。
 家庭教師なんて、常に集中してやるなんて不可能だし、全てを理解しているとは思えないんですよね。「数学ばっかやったけど分からなかったこと結構あったな…」みたいになると全然やった感がしないと思うんです。でも多少分からないところがあっても、「まぁ理解してないところもあったけど3教科もやった」っていう、やった感が有ると思うんです。前者でもやった感を出すことは出来るんですが後者の方が楽な気がします。

 ゲームはちょっと違うんだけど、少しやる→別のことする→少しやる、みたいにすると、時間をあまり無駄にしていない感じがするんですよね。色んな事が出来た、っていうことかも知れない。まぁ、ならそもそもやるな、って話になるんだけど中々出来ないのを僕は知っていますw で、区切るのも中々難しいんだけど、そこを踏ん張って別のことしてみる。…と良いかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Loading...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。