スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利点欠点

いいところと悪いところは常に共存している。
いいところは、ある人ある場面から見れば悪いところとなることもある。
逆に悪いところは、ある人ある場面から見ればいいところと成りうる。

情報系を学ぶものとして簡単に例を挙げられるのがSE。
昔はバリバリの理系エンジニアが多かった。
しかし、それだけでは顧客を満足させられない。
それは顧客の目線というものを理系エンジニアは見失いがちだからだ。
一見システムの中身まで細かく把握していないエンジニアは劣っているように見える。
しかし、実際には彼らは顧客の立場に立ち、プログラマなどの理系エンジニアとの
つなぎ役として要件や仕様を明確にするなど、重要な役割を果たしている。
細かいところまで知らないことが逆に役立っているのである。
これは以前教授?が講義とかでぽろっと言ってたのを適当に言ってるだけ。

これは仕事として成り立っている例だけど仕事に限らずそれはあるだろう。
ヘレン・ケラーも自身の障害が無ければあのような功績は残せなかった。
欠点は利点に成りうるし、利点は欠点に成りうる。
だからそもそも利点欠点、優れている劣っている、の二択で話すのには矛盾が起きる。

こういったことは、よく考えればしばしば言われていること。
しかし、それを意識しない人は非常に多い。
さらに言えば、意識しても自らの欠点を認めることが出来ない人は多いはずだ。
それは長い間持っていた自分のコンプレックスなのだからしょうがないかもしれない。
ただ、他人に対してそう思うのは無理なことでもない気がする。

他人の欠点を受け入れるということではなく、そもそも欠点と思わない。
そういった心構えを持っていることは自分にも跳ね返ってくると思う。

で何を言いたかったかというのは実はこれではありません。
めんどくさいんで辞めます。
こんなつまらないことをダラダラ書くつもりはなかった。
まぁこの行まで読んでる人なんて居ないと思うしいいよね!
スポンサーサイト
Loading...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。